Aus Japan Kultur 文化 日本から

ドイツでも取り上げられました:日本のコメ袋を子供に見立てている事が(In Japan gibt es ein Service, wo Reissäcke als Babys imitiert werden, was ist das?

ドイツでも取り上げられました:日本のコメ袋を子供に見立てている事が(In Japan gibt es ein Service, wo Reissäcke als Babys imitiert werden, was ist das?

Es ist ein deutscher Onlineartikel vom 11. August, von der Onlineseite Nau.ch. Für deutsche Blogleser bitte ich diese Seite direkt auf der Onlineseite zu lesen.

https://www.nau.ch/news/good-news/good-news-omas-in-japan-konnen-dank-reissacken-babys-knuddeln-65979846

8月11日のオンライン記事になりますが、Nau.chのオンラインサイトに、コロナの中、孫に会えないおばあちゃんたちのために、お孫さん(赤ちゃん)と同じ重さの米袋を孫に見立てて、プレゼントするサービスについて、書いてありました。荒訳ですが、興味ある方はぜひ読んでみてくださいませ。

コロナパンデミックのせいで人々は親戚に新しく生まれた子供を合わせる事が出来ません。日本ではこのためにちょっと珍しい解決策があります。お米による解決策です。

日本では赤ちゃんの顔がついた米袋を送る事ができます。袋は赤子と同じ重さをしているそうです。

コロナのために旅行も不可能で、親戚に生まれた子供を見せたい場合どうしたらいいのか?日本の企業は創造力豊かな答えを見つけました。

ガーディアンによると:新米の親たちが、親戚に自分の子供の顔がついている米袋を送る事ができるとしています。袋は生まれたばかりの子供と同じ重さをしているそうです。

親はデザインを選べます。

これによってコロナウィルスであっても、ある一定条件の元で家族の一員を手に持つ事が出来て、抱きしめる事ができるのです。

生まれたばかりの子に変わって、日本では親戚がコメの入った袋を受け取る事ができます。制作において、いくつかのデザインから選ぶ事ができるそうです。いくつかの物は、子供がオクルミに巻かれているようです。赤ちゃんの頭があるべき所に顔のデザインがついているのです。

このアイディアはでもそれほど新しくないそうです。「私はこのアイディアを初めて14年前にもっていました」とナルオ・オノ、「コメ・ノ・ゾト・ヨシミヤ」、お米のショップのオーナーである彼女は語っています。当時息子が生まれたそうです。親戚が遠くに住んでいたので、彼女は自分の息子を見せてあげる方法を考えたそうです。

その時オノは米袋のアイディアが浮かんだそうです。後で息子の顔を付けている商品をお店で見て、ある客が問い合わせてきたそうです。

コメの赤ちゃん以外にも、結婚式をテーマにした袋も送る事ができるそうです。幸せに愛する二人がこの場合は親に自分たちが子供の頃の写真を付けて、生まれてきたことを感謝しているという事で送るそうです。

特にコロナパンデミックの間、この結婚式の米袋がとても人気が出たようです。「人々が結婚式に参加できないので」とオノは説明しています。その代替策を探し求めた結果だとしています。

参照:https://www.nau.ch/news/good-news/good-news-omas-in-japan-konnen-dank-reissacken-babys-knuddeln-65979846

========================

私のブログ記事を読んでいただいてありがとうございます。

ドイツ語と日本語の翻訳をしてくれる人をお探しですか?

クラウディア・マーツと申します。日本在住です。普段は整体師として働きながら翻訳、通訳などをしております。

私の翻訳活動について書いたフロントページでもう少し詳しく書いてあります:

http://www.german-japanese-translation.pro/

ついでに私の整体師のホームページです:

https://zushi-seitai.com/

連絡はメールをくださいませ:

    clanosque(at)hotmail.com  (at)を@と入れ替えてください。

     

    Danke, dass Sie meinen Blogeintrag gelesen haben.

    Suchen Sie eine Übersetzerin für Deutsch-Japanisch?

    Mein Name ist Claudia Maaz, ich wohne in Japan, arbeite als Chiropraktikerin und Übersetzerin, Dolmetschrin.

    Auf der Startseite habe ich ein bisschen über mich geschrieben:

    http://www.german-japanese-translation.pro/

    Wenn Sie mich kontaktieren wollen, schreiben Sie mir doch eine Mail:

    clanosque(at)hotmail.com  Wenn Sie in dem (at) das @ einfügen.

    Ich stehe Ihnen gerne zur Hilfe bereit.

     

     

     

     

     

    (Visited 16 times, 1 visits today)

    -Aus Japan, Kultur, 文化, 日本から
    -, , ,