Aus Japan Geschichte Kultur Nachrichten ニュース 文化 日常 日本から 歴史

ドイツから:日本でドイツのお菓子バームクーヘンがとても親しまれている事が記事になっていました(Ein Artikel darüber, wie der Baumkuchen in Japan sehr beliebt ist)

ドイツから:日本でドイツのお菓子バームクーヘンがとても親しまれている事が記事になっていました(Ein Artikel darüber, wie der Baumkuchen in Japan sehr beliebt ist)

Ein Artikel von t-online, wie der Baumkuchen in Japan ein sehr beliebtes Gebäck geworden ist. Für deutsche Blogleser bitte ich den Artikel direkt auf der Seite von t-online zu lesen:

https://www.t-online.de/leben/essen-und-trinken/id_91014608/japan-diese-deutsche-backware-erobert-das-asiatische-land.html

ドイツ語のオンラインサイト t-onlineが10月24日に日本ではドイツのお菓子であるバームクーヘンがとても親しまれていることについて記事を書いていました。その記事をドイツ語から日本語に荒訳ですが、訳しました、読んでみてください:

バウムクーヘンは日本でも誰もが知っています。そしてこのアジアのこの国では一番愛されているお菓子の一つです。これはこのドイツの一人の菓子職人のおかげなのです。

これは「ケーキの王様です」:親しまれているバームクーヘン。また第一待降節に向かっているので、どのスーパーマーケットでも売るようになりました。日本でもそうです。

「バームクーヘンは日本でも一番愛されているケーキの一つです」と日本のお菓子製造元ユーハイムの代表であるヒデオ・カワモトはそう語りながら、東京の表参道地区にあるお店でお客さんにオーブンで焼きあがったばかりのバームクーヘン一切れとコーヒーをサービスしました。ドイツの菓子職人マイスターカール・ヨーゼフ・ウィルヘルム・ユーハイムのオリジナルレシピを元に焼かれました。カワモトの会社の名前元はこの人が語源となっています。カウプ・アム・ライン生まれのユーハイムが日本にかなりスリリングな状況の中でバームクーヘンをもたらしたのです。

20世紀初め、ユーハイムは妻エリゼとともに中国の青島に住んでいました。ここは当時ドイツ領だったのです。そこでこの夫婦はお菓子屋さんを運営していました。第一世界大戦の時、日本人がこの地域を占領したのです。ユーハイムは戦争捕虜となり日本に連れてこられたのです。彼の奥さんはひとまず占領されている青島で一人で生活をし続けました。他のドイツ人とともに彼女のご主人は日本の広島市の湾内にある島に連れていかれました。そこでユーハイムはお菓子を作る事が認められていたのです。、

ドイツの職人技を見せるために、今日は原爆ドームになってしまった場所でバームクーヘンを焼いたのです。日本人は今までこんな事は見たことがありませんでした。

戦争の後ユーハイム負債は日本に住み着いて、横浜で最初に自分たちのお菓子屋さんを開いたのです。100年後、彼らを通して広められたドイツのバームクーヘンは日本でも長い歴史のあるお菓子となりました。「カール・ユーハイムは私たち日本人が幸せになるものを与えてくれようとしたのです」とカワモトは説明しています。今でも日本ではバームクーヘンは幸せをもたらすイメージがもたれています。結婚式でもビジネス相手のお菓子でも、途中に食べるおやつや土産としても、バームクーヘンはどの日本人も知っています。

切られている状態やお菓子屋では上品な包みだったり、スーパーでは真空パックで様々な大きさで売られていたり、駅のキオスクやコーヒーショップ、国中どこでもあるのです。「地域ごとに自前のばりエーション」もあるのですとカワモトが説明しています。なぜならバームクーヘンは日本語では「バームクーヘン」と言われたり、「バーム」と言われたりして、とっても日本的な製品になりました。

バームクーヘンを作るにあたり、ドイツのような決まったルールはないとカワモトはマスクをつけたまま笑っています。日本では今ではイチゴの入ったバームクーヘンやローストした緑茶、サツマイモ、イチゴや様々なテイストのものが焼かれているのです。毎年日本ではバームクーヘンメッセが開催されるそうです。ここでは数億の製造元が商品を紹介するそうです。

ユーハイムのカワモトと彼の同僚は今でもドイツの基本レシピによる本当のバームクーヘンを焼くことを心がけています。つまり:バター、たまご、砂糖、バニラ、塩と小麦粉だけです、それで長い年月を過ぎて、ユーハイムのバームクーヘンも改良されてきたと会社の代表は誇らしげに語っています。

この会社では去年からバームクーヘンや他のお菓子の製造のために追加のものをいれなくなったとしています、健康のためでなくて、菓子職人の高い技をこのことによって守る事ができるからだとしています。

この事は最新式のオーブンにも取り入れています。会社が開発しました。「AIを搭載しています」と会社の代表は説明しています。この瞬間にオーブンから焼きあがったバームクーヘンが出てきました。最新のテクノロジーのおかげでオーブンは各自の菓子職人の知識をデータとして取り入れる事が出来るとしています。でもカール・ユーハイムのレシピには何も変更はないそうです。

1923年横浜の最初のお店が関東大震災によって破壊されてから、ユーハイムは神戸に行き、そこでもう一度ビジネスをスタートさせたのです。第二次世界大変が終わる1日前にカール・ユーハイムはなくなりました、妻のエリザはすべて没収されて、占領軍の命令でドイツにかえらなければなりませんでhした。ユーハイムの前の従業員がまたビジネスを再スタートさせました。エリザは1953年日本に戻ってきて、1971年なくなるまでユーハイムの会社に協力し続けました。

ユーハイムは現在まで有名ブランドの一つであり続けています。神戸に本店があるグループは270のお店を持っていて、520人の従業員がいます。この会社は来年カールとエルゼが横浜で最初のお店を開いてから100周年記念を祝います。

という記事です。

参照元:

https://www.t-online.de/leben/essen-und-trinken/id_91014608/japan-diese-deutsche-backware-erobert-das-asiatische-land.html

===========================================

私のブログ記事を読んでいただいてありがとうございます。

ドイツ語と日本語の翻訳をしてくれる人をお探しですか?

クラウディア・マーツと申します。日本在住です。普段は整体師として働きながら翻訳、通訳などをしております。

私の翻訳活動について書いたフロントページでもう少し詳しく書いてあります:

http://www.german-japanese-translation.pro/

ついでに私の整体師のホームページです:

https://zushi-seitai.com/

連絡はメールをくださいませ:

    clanosque(at)hotmail.com  (at)を@と入れ替えてください。

     

    Danke, dass Sie meinen Blogeintrag gelesen haben.

    Suchen Sie eine Übersetzerin für Deutsch-Japanisch?

    Mein Name ist Claudia Maaz, ich wohne in Japan, arbeite als Chiropraktikerin und Übersetzerin, Dolmetschrin.

    Auf der Startseite habe ich ein bisschen über mich geschrieben:

    http://www.german-japanese-translation.pro/

    Wenn Sie mich kontaktieren wollen, schreiben Sie mir doch eine Mail:

    clanosque(at)hotmail.com  Wenn Sie in dem (at) das @ einfügen.

    Ich stehe Ihnen gerne zur Hilfe bereit.

     

     

    (Visited 10 times, 1 visits today)

    -Aus Japan, Geschichte, Kultur, Nachrichten, ニュース, 文化, 日常, 日本から, 歴史
    -,