Aus Deutschland Deutscher Artikel über Japan Nachrichten ドイツから ドイツで日本の事について書かれた記事 ニュース

2021年8月のドイツ語のオンライン記事です、パラリンピックと日本のバリアフリーについて書いています(Ein deutscher Onlineartikel über die Barierrefreiheit in Japan)

2021年8月のドイツ語のオンライン記事です、パラリンピックと日本のバリアフリーについて書いています(Ein deutscher Onlineartikel über die Barierrefreiheit in Japan)

 

こんにちは!この記事はドイツのARD放送が東京のパラリンピック、日本の障碍者たちがおかれている日常について書いた記事です(2021.8.17) 。あるBSの番組のために訳しました。ドイツでは日本のバリアフリー対策がどう見られているか、参考になればと思い、訳したのをブログの記事でまとめなおしました。少し簡素な訳です。

 

Hallo aus Japan! Das ist ein Online Artikel von ARD, herausgegeben am 17. August 2021. Über die Barrierefreiheit in Japan. Den deutschsprachigen Bloglesern bitte ich, diesen Artikel online zu lesen, hier das Link zu diesem Artikel:

 

https://www.tagesschau.de/ausland/asien/japan-barrierefreiheit-101.html

 

パラリンピックが始まる1週間前にオリンピック村には4400人のアスリートが入る事ができます。とてもバリアフリーな場所です。でも日本ではどこでもバリアフリーが機能している訳ではありません。

 

IOCとパラリンピックの委員会は、東京の大会については支え合う事の重要性をモットーにしています。「UNITED by Emotion」 「感情によって一致する」これがこの大きな街と国全体がゆっくりと近づこうとしている共同のモットーです。オリンピックとパラリンピック大会によって、統合で全てを受け入れる社会になれるように。ここには障碍者の人も参加できるとしていますが、今の所成功しているとは言えません。

 

「オリンピックの大会はパラリンピックも開催されなければ成功しません」とユリコ・コイケ都知事は強調しました。成功の一因となるのがバリアフリーな環境を作る事ですとしています。数多くの駅、空港はそのために改築工事が行われました。何年もの間、車いすの人にとって数多くのこのような場所は入る事ができませんでした。日本が大会が開催される事で変わった事をユリコ・オダは感じています。

 

22歳で筋収縮が診断されて、26歳から彼女は車いすに乗っています。40歳の彼女はバリアフリーについてオリンピック組織委員会にアドバイスをしました。日本の道にはほとんど車椅子に乗っている人がいません。パラリンピックについて彼女は何年も注目してきました。彼女は他の国の車いすの人も日本に来れるようにしたかったのです。だから彼女は無料の相互作用の地図アプリをスマホのために開発したのです。

 

たとえばユーザーがエレベーターやバリアフリーのトイレについての情報を交換するのです。車いすの人があきらめなくてすむ世界を作りたかったとオダは語っています。でもまだ超える事ができないバリアーはあります。オダが車いすででかけていると、ものすごく見られている事を感じているすです。車いすに乗った人は日本ではほとんどいないのです。だから自分がよそ者であるように感じてしまうのだとオダは語っています。他の国の方が日本よりもずっと進んでいるすです。「日本人は本当は手伝おうと思ってもでしゃばらず。恥ずかしがり屋なのです。とても難しく感じてしまうのだそうです。

 

障害を持つ人のためのサービスもどんどん増えているとオダは語っています。東京はすでにほとんどバリアフリーだそうです。パラリンピックが開催される街ではほとんどの駅がエレベーターが設置されているそうです。でもここに行くのはそう簡単ではないそうです。

 

そこにいくためには細い道やラッシュアワーには人であふれかえっているホームを通らないといけません。さらに車いすの人は数百メートルを移動しなければならないそうです。どの電車のワゴンにも妊婦、高齢者や障碍者のための座席があります。そこには車いすの人でも手を伸ばせる手すりがあるそうです。ドアの周りは床の一部が盛り上がっています、視覚障碍者でも見えるようにしています。

 

東京ではどこでもこの黄色い浮いているタイルが歩道にあります。これにより視覚障碍者が簡単に道を見つける事ができます。伝統的な神社仏閣では車いすを乗っている人にとっては難しくなるそうです。ここは多くの階段と砂利道のためにバリアフリーではないでそう。でもここでも変わってきています。東京の一番古いお寺浅草寺でもエレベーターが設置されているそうです。」

 

オリンピック、パラリンピックの競技会場を建設する時にバリアフリーは重要な要素でした。このような理由から新しい国立競技場はバリアフリーに行く事ができるトイレと座席があります。そして音に敏感な人にも休める部屋を作りました。障害を持った多くの人は期待をしています。競技場は将来的な建築のための模範になったり、新たな基準を設定してくれる事です。ユリコ・オダもパラリンピックにとても期待をしています。東京と日本全てにとってこの大会は大きなスポーツイベント以上なのです。これは日本社会にとってチャンスです。基本的に考えを変えて、団結をする事がモットー以上にするためにです。

 

=======================================

私のブログ記事を読んでいただいてありがとうございます。

ドイツ語と日本語の翻訳をしてくれる人をお探しですか?

クラウディア・マーツと申します。日本在住です。普段は整体師として働きながら翻訳、通訳などをしております。

私の翻訳活動について書いたフロントページでもう少し詳しく書いてあります:

http://www.german-japanese-translation.pro/

ついでに私の整体師のホームページです:

https://zushi-seitai.com/

連絡はメールをくださいませ:

    clanosque(at)hotmail.com  (at)を@と入れ替えてください。

     

    Danke, dass Sie meinen Blogeintrag gelesen haben.

    Suchen Sie eine Übersetzerin für Deutsch-Japanisch?

    Mein Name ist Claudia Maaz, ich wohne in Japan, arbeite als Chiropraktikerin und Übersetzerin, Dolmetschrin.

    Auf der Startseite habe ich ein bisschen über mich geschrieben:

    http://www.german-japanese-translation.pro/

    Wenn Sie mich kontaktieren wollen, schreiben Sie mir doch eine Mail:

    clanosque(at)hotmail.com  Wenn Sie in dem (at) das @ einfügen.

    Ich stehe Ihnen gerne zur Hilfe bereit.

     

     

    (Visited 4 times, 1 visits today)

    -Aus Deutschland, Deutscher Artikel über Japan, Nachrichten, ドイツから, ドイツで日本の事について書かれた記事, ニュース
    -, , , ,