Aus Japan Nachrichten ニュース 日本から

ドイツでも日本の離婚後の親の親権の問題について記事がありました。(Ein Artikel, wie nach der Scheidung manchmal Kinder von den eigenen Eltern entführt werden)

 

ドイツでも日本の離婚後の親の親権の問題について記事がありました。(Ein Artikel, wie nach der Scheidung manchmal Kinder von den eigenen Eltern entführt werden)

Ês ist ein Onlineartikel  von dem ARD Sender, herausgegeben am  26,7.21. In Japan hat nach der Scheidung, das Erziehungsrecht nur einem Elternteil, es kommt anscheinend tatsächlich vor, dass japanische Ehepartner, nach der Scheidung ihre Kinder "entführen". Den deutschen Bloglesern bitte ich diesen Artikel direkt auf Deutsch zu lesen;

https://www.tagesschau.de/ausland/asien/japan-kindesentfuehrungen-101.html

この記事はドイツのARD放送が7月26日2021年に出したオンライン記事です。日本では離婚後親権が片方の親にしかありません。国際結婚をしていたカップルが離婚した後、日本人の親が子供を相手のパートナーに何も言わず、日本に連れてきてしまう問題について書かれている記事です。荒訳ですが、訳しました:

母親か父親に誘拐された

ウィンセント・ワホットは自分の子供にもう三年間あっていません。彼が2018年8月10日仕事が終わって家に戻ってみると、家にはだれもいませんでした。彼の奥さんが子供とともに姿を消してしまったんです。フィヒョットは自分の弁護士に連絡をとりました。

このフランス人はこの時点ですでに12年間日本にいました。このような事が多く起きている事は聞いた事がなかったのです。結婚はあまりうまくいっていませんでしたが、彼の妻がどうしてこの事を実行したかは彼には説明できないそうです。150.000の該当する子供たちが毎年誘拐されるそうです、自分の母親や父親から。日本ではこれは珍しい事ではないそうです。人権団体は毎年150.000人の子供が影響を受けているとしていますが、正式な数はわかっていないそうです。

日本では共同の親権は存在しないのです。離婚や離別の場合、片方の親は相手が子供に会う事を完全に遮断する事ができるのです、連絡をまったくとれないようにする事ができるのだそうです。裁判所もだいたいの場合片親だけに親権を与えています。子どもがだいたい滞在している側だそうです。フィシェットは何回か刑事告訴を起こそうとしたが、

警察は彼を追い返して、彼が子供に近づけば誘拐で逮捕すると言ったのです。彼は日本とフランスで裁判を起こしました。他の親と共に、国連の人権議会にまで行き、EU議会で演説もしました。そこでは2020年7月に、日本の親権の法律を変えるように求めました。2年前にフランスのエマニュエル・マクロン大統領にも彼は会いましたが、何も今まで進展はありません。

フィシェットはオリンピックスタジアムでハンガーストライを始めたのです。3週目にはいったそうです。これが最後のチャンスですと39歳の彼はかたっています。6か月彼はこの事について考えたそうです。「私は絶望してこの事をしている訳ではありません、私は子供たちに対する義務をまっとうするためなのです」と語っています

この方法は裁判よりも彼のチャンスが大きいとしています。自分のハンガーストライキのために選んだのはオリンピックスタジアムのすぐそばだそうです。これによって彼はこのテーマに対して意識を向けたいのだそうです。彼自身のためではなくて、子供たちの人生があるからだそうです。現時点で子供たちが生きているかもわからないでそうです。

私は自分の事がツイッターで投稿されることも納得していますと語っています。マクロンも仲介しようとしています。自身のオリンピック訪問に合わせて、彼はフィショットの件と他の数千人もの日本の子供たちのために動こうとしたのです。フィシェットはフランス人です。彼の現時点で4歳と6歳の子供もフランス人だそうです。それでもフランスの国は、子供たちがどこにいるかわからないのです、とフィショットは語っています。

日本の省庁は今まで協力的ではなかったそうです。日本のヨシヒデ・スガ総理と会見したマクロンはこのとても悲惨は状況を説明したとフランス大統領のスポークスマンは説明しています。会見の後の共同宣言の中で:「二つの国は意見交換を活発化させて、同時に子供たちにとって一番いい結果になるようにフォーカスするとしています。マクロンはフィショットの元にも行ったそうです。政治的な約束があっても、ハンガーストライクは続行するそうです。「マクロンが日本の機関と連携していると言っても、私は子供たちがもどってくるまでここにいます」とフィショットは語っています。

記事参照:

https://www.tagesschau.de/ausland/asien/japan-kindesentfuehrungen-101.html

=========================================

私のブログ記事を読んでいただいてありがとうございます。

ドイツ語と日本語の翻訳をしてくれる人をお探しですか?

クラウディア・マーツと申します。日本在住です。普段は整体師として働きながら翻訳、通訳などをしております。

私の翻訳活動について書いたフロントページでもう少し詳しく書いてあります:

http://www.german-japanese-translation.pro/

ついでに私の整体師のホームページです:

https://zushi-seitai.com/

連絡はメールをくださいませ:

    clanosque(at)hotmail.com  (at)を@と入れ替えてください。

     

    Danke, dass Sie meinen Blogeintrag gelesen haben.

    Suchen Sie eine Übersetzerin für Deutsch-Japanisch?

    Mein Name ist Claudia Maaz, ich wohne in Japan, arbeite als Chiropraktikerin und Übersetzerin, Dolmetschrin.

    Auf der Startseite habe ich ein bisschen über mich geschrieben:

    http://www.german-japanese-translation.pro/

    Wenn Sie mich kontaktieren wollen, schreiben Sie mir doch eine Mail:

    clanosque(at)hotmail.com  Wenn Sie in dem (at) das @ einfügen.

    Ich stehe Ihnen gerne zur Hilfe bereit.

     

     

    (Visited 4 times, 1 visits today)

    -Aus Japan, Nachrichten, ニュース, 日本から
    -, , , ,