Aus Deutschland Nachrichten ドイツから ニュース

ドイツから:食べれる紙について南ドイツ新聞が報じていました(In der Süddeutschen Zeitung wurde über essbares Papier in Japan berichtet)

2021年6月6日に南ドイツ新聞で「日本の食べれる紙」について報じていたので、ドイツ語の記事を日本語に訳したのを紹介したいと思います。ドイツ語を読める人はこのリンクを直接お読みください。

In der Süddeutschen Zeitung wurde am 6.6.2021 über ein essbares Papier in Japan berichtet. Wenn Sie Deutsch lesen können, können Sie den Artikel direkt auf Deutsch lesen.

https://www.sueddeutsche.de/panorama/japan-papier-essen-1.5313495

モエカ・ホンダとカナコ・ムラカミは、自分たちの発明によって日本の豊な紙文化の中で革命を起こしたという事は自慢しないでしょう。でも彼女たちが紙消費を新たな次元にあげた事は、滋賀県のリュウオウにある印刷デザイン会社に勤める彼女たちの功績と認めて良いでしょう。彼女たちは文具マーケットで一つの隙間を埋めたのは事実でしょう。彼女たちは会議や授業の間にお腹がなってしまうという恥ずかしい状況を改善するメモ帳を開発したのです。モエコ・ホンダは朝日新聞でこの製品が二人の若い女性にとってはとても大事なモノですと語っています。

日本の紙は和紙と呼ばれていて、とても品質がある製品で世界中から何百年も前から絶賛されてきました。破れにくく、きれいであり多様的に利用する事ができるからです。レンブラントはかつて自分の銅版画のために利用したのです。日本では伝統的な建築の中でも固有部分です。引き戸の枠などに利用されます。紙は日本では今ではとっくに工業的につくられていますが、和紙は文化遺産の中でも生き生きとした構成要素なのです。

モエコ・ホンダ22歳とカナコ・ムラカミ25歳は自国での紙の不足を感じていた訳ではありません。彼女たちは国内の印刷企業のブレーンスリーミング・プロジェクトに参加したのでした、テーマは「世界の問題のための解決策」でした。世界の問題とは人々がSNSで述べている苦情などでした。一つの苦情についてモエコ・ホンダとカナコ・ムラカミは特に興味を持ちました:「授業でお腹がなるのは恥ずかしいです」というものでした。彼女たちはこの問題を知っています。彼女はこれを解決したいと思い、アイディアもありました:授業やミーティングで持参しているものをこっそりと食べるのはどうでしょう?と

このような理由で、彼女たちは9センチ*7センチある食べれる紙からできているメモ用紙と口にすることができるインクが入ったペンの組み合わせの文具セットを考えだしたのです。彼女たちはこれを「かみひめ」と呼びました。これはカミ=紙と「音姫」:音姫とはトイレで音楽や流れる音を出してくれる機械の事です。これによりトイレを利用している人の音を消すのです。モエコ・ホンダとカナコ・ムラカミは最初はどちらかと言うと楽しむためにユーチューブでこれを紹介しました。でも反響が大きすぎたのです。

4月1日から食べれるメモ用紙を2000円、15ユーロで彼女たちの勤めている会社でオンラインで注文する事ができます。メモ用紙とペンは箱に入ってきます。箱は食べれる事ができません、でもフタはシンボルがあって、それをこすると香りがします。4つの香り種類があります:バニラ、いちご、オレンジ、カレー。食べれるメモ用紙はそれ自体は味も香りもないと説明書には書いてあります。このような不都合な時間にお腹がすいた場合のためのメモ用紙が販売されたとしています。アサヒ新聞におるとすでに500個は売れてしまったそうです。カナコ・ムラカミはこの紙姫がおなかがなる恥ずかしい瞬間が楽しい瞬間に変わる事を願っているそうです。

日本の和紙を作っていた祖先はこの開発者たちを誇りに思うでしょう。でもこのメモ帳スナックには一つ問題があります。メモを食べてしまった人は、後でメモがない訳です。もしかしたらこの問題は次のブレインストローミングプロジェクトの議題になるかもしれません。

 

私のブログ記事を読んでいただいてありがとうございます。

ドイツ語と日本語の翻訳をしてくれる人をお探しですか?

クラウディア・マーツと申します。日本在住です。普段は整体師として働きながら翻訳、通訳などをしております。

私の翻訳活動について書いたフロントページでもう少し詳しく書いてあります:

http://www.german-japanese-translation.pro/

ついでに私の整体師のホームページです:

https://zushi-seitai.com/

連絡はメールをくださいませ:

    clanosque(at)hotmail.com  (at)を@と入れ替えてください。

     

    Danke, dass Sie meinen Blogeintrag gelesen haben.

    Suchen Sie eine Übersetzerin für Deutsch-Japanisch?

    Mein Name ist Claudia Maaz, ich wohne in Japan, arbeite als Chiropraktikerin und Übersetzerin, Dolmetschrin.

    Auf der Startseite habe ich ein bisschen über mich geschrieben:

    http://www.german-japanese-translation.pro/

    Wenn Sie mich kontaktieren wollen, schreiben Sie mir doch eine Mail:

    clanosque(at)hotmail.com  Wenn Sie in dem (at) das @ einfügen.

    Ich stehe Ihnen gerne zur Hilfe bereit.

     

     

    (Visited 9 times, 1 visits today)

    -Aus Deutschland, Nachrichten, ドイツから, ニュース
    -, , ,